東京製菓学校に在学中の学生の日本留学生活インタビュー

東京ギャラクシー日本語学校で日本語を学び、昨年優秀な成績で東京製菓学校洋菓子本科に入学した洪○○さんが、この1年間、どんな留学生活を送ってきたのかインタビューに答えてくれました。
東京製菓学校での留学生活をリアルに感じることのできる貴重な話は必見です。

1.東京製菓学校での勉強は、日本語学校とどんな違いがありますか。
日本語学校では、教科書に出てくる単語や文章を一つ一つしっかり学びましたが、東京製菓学校では実用的な日本語と製菓用語を学んでいます。
日本人学生たちと一緒に授業を聞いていると、日本語のイントネーションや会話の力がずいぶん伸びて、実際に日本人がよく使う表現も覚えてきました。
また、東京製菓学校に入学する前には「混ぜる」という単語しか知らなかったのですが、今は「かき混ぜる」「すり混ぜる」「混合する」「かくはんする」など、はるかに繊細な表現を知るようになりました。食感を表現する方法も学び、専門学校らしく深く学ぶことができるところがやっぱり違うと思います。
日本語学校で、日本語の単語と文章力をしっかりと固めておいたたおかげで、専門学校での留学生活にとても役立っています。また、日本語学校で勉強しているときに先生たちによく質問したのですが、その時に身に着いた習慣が東京製菓学校でも続いていて、今も先生に思いっきり質問しています。質問する習慣がなかったら、知らない状態のままにしてしまうことが多かったと思います。

東京製菓学校に在学中の学生の日本留学生活インタビュー

2.東京製菓学校での留学生活はどんな様子ですか?
東京製菓学校の授業は、午前8時30分から午後4時30分までです。実演授業がある日は一番前に座るために午前7時20分までに学校に行きます。また一人で練習したい時も早く登校します。このような日は朝5時に起きます。
授業が終わった後は家に帰り、その日に学んだレシピを整理します。写真も印刷して、念入りに丁寧に整理してみると、軽く夜10時を過ぎることもあります。製菓にすっかりはまって暮らす日々です。レシピの整理がとても大変でしたが、先生が成績表に「レシピ整理をしっかり行った」と評価していただいたときはとても嬉しかったです。

3.韓国でもデザートを作ったりしたと思いますが、その時の経験と東京製菓学校の授業の違いはなんですか。
韓国では、インターネットや本を読んで家でデザートを作ったりしました。特に高校の時は中間テストや期末テストが終わった日に材料を多く買い、明け方まで作っていました。作る過程は本当に楽しかったですが、やはり技術がなかったので味はいまいちでした。
東京製菓学校では、生クリームの混ぜ方や、どの程度まで混ぜればケーキがおいしくなるのかということを学びました。さらに、学校が提供してくれるレシピは全般的にすごくおいしいです。特にタルトのレシピが最高です。
東京製菓学校は実習が多いだけに授業中にすごい量の材料を使うのですが、授業料が高い理由はまさにここにあるのではと思うほどです。

4.東京製菓学校に通って良かった点は何ですか。
東京製菓学校の学生であることに誇りを感じることがときどきあります。韓国から東京製菓学校へ製菓研修のためにたくさんの人が来るのですが、その時に東京製菓学校の実習服を着ている自分が誇らしく感じられます。またフランスのお菓子でもアジア人の口に合う日本らしいレシピで作り方を学んでいるということにもかなり満足しています。

東京製菓学校に在学中の学生の日本留学生活インタビュー

5.反対に大変なこともあると思いますが・・・。
体力的に大変ですね。午前8時30分から午後4時30分までずっと実習をする日もあるのですが、この日はかなりしんどいです。
日本語で専門知識(会計、栄養など)を学ぶのも大変ですが、幸い今はかなり慣れてきました。一人でレシピを整理することで自然に製菓の専門用語を勉強することができるのですが、授業を聞いた後で自分でメモしないと頭の中には残らないですね。卒業後には自分だけのレシピの本が完成すると思います。

6.東京製菓学校に入学することを目指している人に伝えたいことはありますか。
もともと東京ギャラクシー日本語学校には1年間通う予定だったのですが、入学後に父に頼んで合計2年通いました。その理由は、専門学校で教わる内容を100%消化したいと思ったからです。
今考えると、語学学校に2年という時間を投資して本当によかったと思います。東京製菓学校の入学要綱にある基本条件に合わせて、6ヵ月だけ語学研修をする人たちが少なくないようですが、入学は可能であったとしても、授業についていくのは本当に大変だと思います。そうなると興味を失ってしまい、頻繁に欠席してしまう可能性あるので、日本語だけは、東京製菓学校入学前に充分に勉強してきてほしいです。

7.もうすぐ2年生になりますが、今年度はどうやって過ごそうと思っているのか教えてください。
一生懸命学校の授業を受け、インターンも行い、希望する製菓店でアルバイトもしたいです。また、レシピの整理も最後までがんばりたいと思います。
1年生の時は、試験を受ける時に満点を取ることを目標にして準備しましたが、この先日本にいる時間が約1年しかないので、試験勉強だけでなく、東京の製菓店ツアーも熱心にして、私だけのポートフォリオを完成させようと思います。試験にだけ集中するのではなく、くまなく東京のデザートめぐりをする余裕も持ちたいです。

東京製菓学校に在学中の学生の日本留学生活インタビュー

8.おすすめの東京のデザートカフェを教えてください。
青山にあるピエール・エルメ!ピスタチオマカロンがおいしいし、プレーティングもきれいです。また代々木上原にあるAsterisqueのケーキも美味しいです。

東京ギャラクシー日本語学校に通う時も、努力する姿がどんなに美しいのかを見せてくれた洪さん。東京製菓学校に進学した後、この努力がより一層レベルアップしたことが感じられました。期末試験を控えた時期にもかかわらず、貴重な時間を使ってくださりありがとうございました。
2年生になってもしっかり学んで技術も身に着け、日本での留学生活を満喫することを願っています。目標も全て実現できますように!この1年も充実した時間を過ごすことができるよう願っています。
洪さんの個性にあふれた素敵なケーキ屋さんを紹介できる日が来ることを指折り数えて待っています。

日本への自転車留学 東京サイクルデザイン専門学校合格

日本の専門学校に留学するために、2017年7月に東京ギャラクシー日本語学校に入学した趙〇〇さんが、2018年10月頃、東京サイクルデザイン専門学校に合格しました。2019年3月、東京ギャラクシーを卒業した趙〇〇さんに、希望していた専門学校に合格した秘訣と、日本での留学生活についてインタビューをお願いしました。
充実した留学生活を送った趙〇〇さんらしく、とてもためになる話をたくさんしてくれました。日本での留学を準備する方に、是非最後まで読んでほしい内容です。

日本への自転車留学 東京サイクルデザイン専門学校合格

1.日本に留学中、東京サイクルデザイン専門学校合格のためにどんな準備をしてきたのか教えてください。
毎日、最低3時間以上は東京ギャラクシー日本語学校の授業内容の復習と、会話·読解の練習を自分でしてきました。合格のためには、日本人の学生と同じように専門学校での勉強に適応できるくらいの日本語の実力をつけることが基本であり、最も確実な方法であると思ったからです。
また、それを証明するために、JLPT日本語能力試験でN1を受け、合格証を取得したりしました。

2.東京サイクルデザイン専門学校に合格した秘訣はありますか。
自分以外にも東京サイクルデザイン専門学校に入学しようとする留学生が多いということを、昨年の経験を通じて実感していました。実は昨年、日本に来てからわずか2ヶ月で入試に挑んだのですが、その時とは違い、1年の間にぐっと増えた日本語の能力と、東京ギャラクシー日本語学校及び東京サイクルデザイン専門学校の先生方に受けたアドバイス、そして他の学生たちとの差別化のために自転車店でアルバイトを始めたことを通じて、合格という成果を上げることができたと思います。

3.東京ギャラクシー日本語学校で日本での留学を始めたきっかけを教えてください。
専門学校入学を目標として日本での留学を決めた後、日本語を学ぶために東京にある日本語学校について詳しく調べました。東京ギャラクシー日本語学校の位置、施設、学生サポート、評判のすべてが私にとって最高の選択肢でしたが、その中でも特に速習クラスのプログラムは、短期間で上級の日本語の実力をつけたかった私にぴったり合うカリキュラムでした。悩むことなく東京ギャラクシー日本語学校で勉強することにしました。

4.東京ギャラクシー日本語学校で役に立った授業は何ですか。
お話したとおり、6ヶ月という短期間で体系的に日本語を勉強できる速習クラスカリキュラムが一番役立ったと思います。ですが、それ以降の上級クラスの授業や、さまざまな選択授業も、一つひとつすべてが、私の骨と肉になるような教えでした。最後まで指導してくださったすべての先生に感謝します。

5.東京ギャラクシー日本語学校の先生の中で、卒業後にも長く記憶に残るような方はいますか?
寮入室初日から日本での生活に適応できるように手伝ってくれた小松先生、家の契約問題で困ったときに心配してくださったムン・ヘウォン先生、そして今まで教えてくださった先生たちは皆さんとても長い間記憶に残ると思います。
特に、速習クラスの先生だった海保先生と熊崎先生、また会田先生からは専門学校進学指導において多大なる恩恵を受けました。卒業後にもお目にかかりたいです。

6.東京サイクルデザイン専門学校の入試準備をしながら、どんなことが大変でしたか。
一人で初めて挑戦する外国生活であったのに加え、(前回の)不合格の衝撃で健康が悪化してしまい、出席率がかなり落ちたことがあります。結局入試前まで完璧には挽回できず、その代わりに日本語の勉強と経歴を重ねることにに全力を傾けました。東京サイクルデザイン専門学校の先生が私の努力を認めてくださり、合格後に出席率を上げることを条件に、寛大に受け止めてくださってありがたかったです。約束通り、今は熱心に出席しています。

7.日本での留学生活をしながら、日本に来てよかった、正解だったと思ったことはありますか。また、どんな時そう感じましたか?
実家が地方にあるので、これまで美術に対する識見を広げる機会が十分ではありませんでした。しかし、美術的インフラがソウルよりも充実している東京に来て、週末ごとに美術館探訪をしようと、寝る時間も足りないほどでした。
日本に留学に来たおかげで、今まで持っていた芸術的感性のベースが日々固まってきていることを感じて、幸せに過ごしています。

8.様々な専門学校のうち、東京サイクルデザイン専門学校に入学することを決めた理由について聞かせてください。
幼い頃から美術の中でも商業デザインに関心があり、進路を考える中で、普段から好きだった自転車を作りたいという思いを漠然と抱くようになりました。具体的な将来の計画を立てるために、世界各地のデザイン学校について調べていたところ、東京サイクルデザイン専門学校の存在を知り、自転車デザインという夢が単なる望みではなく、実現可能な抱負であることを自分に証明するために、東京サイクルデザイン専門学校を選択しました。

9.日本の専門学校への進学を目標にして日本に留学するため準備している学生たちに伝えたいアドバイスはありますか。
よく失敗を恐れるな、と言いますが、毎日が不安定で変化に富む留学生活中は、小さな挫折でも大きく落ち込んでしまいやすいと思います。
落ち込んでも、自分をしっかり保つことができるよう、はっきりとした目標と、頼ることのできる友達、肯定的な心構え、そして外国語は一生学んでも足りないという学習に対する意欲が重要だと、高校時代に日本語の先生から教わりました。日本での留学を準備する皆さんに有効なアドバイスだと思います。

10.これからどんなことを目標にして東京サイクルデザイン専門学校で勉強するつもりですか?
構想から実体化まで、自転車のあらゆる要素を自分の手で直接作れることのできる、実力あるデザイン自転車のデザイナー・ビルダーになりたいです。
東京サイクルデザイン専門学校の先生たちの教えを体と心に刻み、アジアで、そして世界で活動したいです。

以上で趙〇〇さんのインタビューを終わります。東京ギャラクシー日本語学校で勉強している間、日本語の実力を最上級レベルに引き上げただけでなく、自分に合う分野を探し、積極的に準備してきた趙〇〇さん。今まで本当に頑張ってきたのと同じように、これからも自分の望むままに、思いきり成長して行くことを願っています。良い話聞かせてくれて本当にありがとうございました。

日本への自転車留学 東京サイクルデザイン専門学校合格

日本留学 青山学院大学文学部合格体験記

一年前に東京ギャラクシー日本語学校の特別進学クラスに入学した韓○○さんが、第一志望だった青山学院大学文学部に合格しました。誠実に授業に臨んだのはもちろん、学校の行事にも積極的に参加し、日本で充実した留学生活を送った韓○○さんにインタビューをお願いしました!

1.青山学院大学文学部を志望したきっかけは何ですか?
もともと日本の小説が好きで、日本文学に興味を持っていました。その中でも日本の古典が好きになったんです。特に青山学院大学には古典研究で著名な教授がたくさんいらっしゃいます。私が好きな古典を詳しく勉強するために、青山学院大学を選びました。最終的に自分の好きな科目に特化している大学を見つけました。

2.青山学院大学文学部に合格した秘訣は何だと思いますか?
①青山学院大学について詳しく調べて、面接で話すことができたこと。
②日本文学科は毎年、日本文学に関する知識問題を第二次審査で出題するが、この試験の対策を一生懸命にしたこと。

3.感謝を伝えたい東京ギャラクシーの先生は誰ですか。
まず、私が文学部を志望しているのを知って、日本の文学史をはじめ、何冊かの本を手配してくださった海保先生!合格した時も心からお祝いしてくださいました。
次に、お忙しいのにも関わらず、模擬面接でフィードバックをしてくださった道木先生にも感謝したいです。

日本留学 青山学院大学文学部合格体験記

4.日本での留学中の生活パターンを教えてください。
東京ギャラクシーで午前中の授業受け、家に帰って1-2時間寝た後、夕方にご飯を食べる時間以外は勉強に集中しました。

5.大学入試を準備しながら大変だったり、難しかったのはどんな点ですか?
勉強期間が長くなるにつれ、疲れてしまい、やる気が出なくなってしまうのが大変でした。その度に友達と一緒に勉強しながら、お互いにやる気を出せるよう努力しました。
また、日本の大学の願書受付期間が近づくにつれ、不安が大きくなっていったのですが、自分を信じて今できることに集中するのが大事だと思います。

6.東京ギャラクシー日本語学校に通う間、たゆまず、まじめに勉強することができた秘訣はなんでしょうか。
友達との善意の競争!
そしてクラステスト!

7.日本の名門大学への入学を目指している高校生たちに、日本に留学する前に予めしておくとよい勉強など、何かアドバイスはありますか?
最近はEJU日本留学試験の点数と同じくらい、(TOEFLなど)英語の点数が重要になりました。
なるべく日本に来る前に高い英語の点数を取っておき、日本に来て日本語とその他のEJU日本留学試験科目に集中できればとよいと思います。

日本留学 青山学院大学文学部合格体験記

8.上記の後輩たちに、東京ギャラクシー日本語学校を紹介するならどう伝えますか?
日本の東京にある他の語学校よりも、入試システムがよく整っている学校!

9.これから4年間、何を目標に青山学院大学で勉強するか、将来に対する抱負を聞かせてください。
日本文学において著名な学者になりたいです。そのために学部生活の4年間、熱心に勉強し、大学院進学まで考えています。

授業時間に扱う課題以外にも、自ら勉強することを探して主体的に留学生活を送ってきた韓○○さん!大変な時期をうまく乗り越えて、堂々と目標を達成したことを心からお祝いします。大学の入学準備で忙しい時期にもかかわらず、インタビューに応じてくださり、ありがとうございました。大学に行っても意味深い留学生活を続けて行けることを願っています。

日本留学 青山学院大学文学部合格体験記

日本料理留学、東京すし和食調理専門学校合格体験記

在学生の東京すし和食調理専門学校合格体験記

日本食やお寿司について集中的に学ぶことができる東京すし和食調理専門学校。先日、東京ギャラクシー日本語学校の在学生、尹○○学生が東京すし和食調理専門学校の和食料理人コースに合格しました。
日本食に関心を持つ韓国人たちがだんだん増えているだけに、尹○○学生の東京すし和食調理専門学校の合格体験記は日本の食文化を専門的に学びたいと思っている人たちに大きな助けになると思います。合格に至るまでの思いを以下のように伝えてくれました。

東京ギャラクシー在学生の東京すし和食調理専門学校合格体験記

私は韓国にいる時から東京すし和食調理専門学校について調べていました。日本に来てからは学校で行われるオープンキャンパス、体験入学などのイベントにも積極的に参加しました。 その後、進学担当の先生から受けた案内にしたがって進学準備をしました。
日本の専門学校が最も重要視する部分が面接であるため、会話の練習を主に行いました。 おかげで無事に合格することができました。行きたい学校が決まっている状態で日本での留学を始めたので、自分に必要なものを準備することに集中することができました。

東京ギャラクシー日本語学校に入学した理由は、まず行きたい専門学校が東京にあること、また、東京の中で良い日本語学校だと推薦を受けたからです。
日本語をほとんど知らない状態で来たので、専門学校の試験まで半年ほど残った状態だったのですが、東京ギャラクシー日本語学校の有益な授業のおかげで日本語の実力を着実に身につけることができました。進学担当の先生である鈴木雅子先生をはじめ、全ての東京ギャラクシー日本語学校の先生たちに感謝いたします。

東京ギャラクシー在学生の東京すし和食調理専門学校合格体験記

日本での留学生活の中で日本に来て良かったと感じたのは、日本人との会話が通じた時です。ちゃんと勉強をしたんだ、という思いで胸がいっぱいになりました。韓国で英語を12年間に勉強しても会話ができず実用的ではありませんでしたが、日本語はしっかりと実生活において使うことができるため、最低限の目的は果たせたと感じています。
日本には多くの料理関連の専門学校がありますが、その中でも東京すし和食調理専門学校を選択した理由は、全世界で唯一、日本食のみを教える学校だからです。私は韓国でも料理をしていたので、基本的な料理の知識は持っていたのですが、料理の道の中で日本食分野を選択し、日本食関連の知識を深めるために日本にきたため、この専門学校が私の立場においては最善の選択でした。
日本の専門学校に進学するために日本での留学を始めようとしている後輩たちには、まず自分が本当にやりたいことを早く決めたほうがよい、ということを伝えたいです。 そうすれば、その後は本人の状況に合わせて学校を選択することができ、学校を選択したのなら、それに合わせて準備することができます。

東京ギャラクシー在学生の東京すし和食調理専門学校合格体験記

東京すし和食調理専門学校に入学したら、和食についての知識を深めるために、日本に来た目標を一時も忘れずに、計画したどおりに生きていこうと思っています。

ここまでが尹○○学生の合格体験記です。目標を立てて今年一年間、一生懸命に日本語の勉強をし、進学準備もしてきました。望んでいた学校に合格したこと、心からおめでとうございます。 🙂
東京すし和食調理専門学校で実力をさらに磨き、一流の料理人として生まれ変わることを願っています。合格体験記をありがとうございました。

ビジネス日本語クラス卒業生の日本就職成功体験記

東京ギャラクシー日本語学校 ビジネス日本語クラス卒業生の日本就職体験記

2017年10月から東京ギャラクシー日本語学校のビジネス日本語クラスで授業を受けながら就職活動を平行して行ったジョンㅇㅇの学生が、日本での就職に成功しました。
日本留学の目標を達成したジョンㅇㅇ学生に、これまでの留学生活および日本での就職活動についてインタビューをお願いしました。

1.東京ギャラクシー日本語学校のビジネス日本語クラスの授業はどうでしたか
短いといえば短いし、長いといえば長い6ヵ月の間、ビジネスに特化した授業を聞くことができ、意義深い時間だったと思います。
他の所では聞くことができないような日本の生活、特に社会生活に対する様々な状況や、難しい点を予め学んぶことができ、今後の状況に備えて準備ができる心理的な余裕を得たと思います。

2.ビジネス日本語の授業を聞いた後、変わった点はありますか
社会人という心構えを持つようになりました。
6ヵ月前、最初の授業の時に先生が強調した「ここ(学校)は会社、先生たちは上司」という言葉をまだ覚えています。
学校で授業を受ける学生ですが、心構えだけは立派な社会人として一日一日の授業を聞き、課題をしてみると、学校の外でも社会人という認識を持って行動するようになりました。

3.ビジネス日本語クラスの授業で行う活動の中で、最も面白かった部分は何でしたか
ビジネス日本語クラスにおける全ての内容が初めて接するものでしたが、特にグループで行った討論の授業と、プレゼンテーションの授業が一番記憶に残っています。どちらの授業も、先生から講義を聞くだけの授業ではなく、同じグループの友達が集まり、直接準備をして発表する内容だったので、準備する時は正直大変で、もどかしい部分もありました。
しかし、終わってからは「もっとよくできたのに」という悔しさと同時に、「でもよくやり遂げた」という達成感を感じることができ、胸がいっぱいになりました。

東京ギャラクシー日本語学校 ビジネス日本語クラス卒業生の日本就職体験記

4.一番感謝を伝えたい先生はどなたですか
指田先生、柿原先生、道木先生、鍋島先生など、すべての先生に感謝していますが、担任だった指田先生に最もお礼を伝えたいです。
指田先生は、私の就職指導担当の先生でもあったので、面談を通じて一番多く話をした方です。
私の日本での内定の知らせに喜んでくださった姿がまだ鮮やかに思い出されます。

5.日本での就職に成功することができた秘訣は何ですか
私自身が、外国人という認識を持っていないということです。最初は、私が韓国人という点、韓国語ができるという点だけを掲げて日本での就職活動に取り組もうとしていました。ところが、思ったより求人が少なく、制約が多く、しばらく停滞期に陥っていたことがあります。それで、その後は考え方を変えて、日本人と同じ条件で就職活動を開始し、無事内定を受けられるようになりました。
もちろん、外国人が就業をしようとする時、母国語は最も大きな利点です。しかし、その点だけを重視するならば、自分のありのままの姿ではない、外国人としての姿しか映らず、真の私をアピールすることが難しいと思います。

6.日本での就業を希望する学生たちにアドバイスを一言お願いします
当然の話ですが、日本での就職を希望するなら、一番重要な条件は日本語の実力です。
どのような職種を希望しても、一人でする仕事ではありませんから、他の人とのコミュニケーション能力が、仕事に関する能力と同じくらいとても重要な条件です。
スピーキング能力はもちろん、しっかり聞いて理解する能力まで伸ばすことができたなら、日本での就活の第一歩は無事に踏み出せたのだと思います。
そして自信!私が二回目の面接で一番たくさん聞いた質問が、自信に関するものでした。
単に「できる」という返事だけではなく、自分自身、そしてその事に対する確固たる自信を示すのが面接官たちも望む姿なのだと思います。

日本就職成功体験記

7.東京ギャラクシーの日本語学校はどんな学校だと思いますか
東京ギャラクシー日本語学校は、学生の目標と夢をそのまま実現させてくれるところだと思います。
(日本に)留学に来る学生たちには、就職、進学、語学研修など、様々な目標があると思いますが、東京ギャラクシーはその学生たちの夢を実現させるために、先生と学生たちが力を合わせて一緒に走るところです。
もちろん、学生によって、目標によって、結局成し遂げられず、諦めなければならない瞬間があるかもしれませんが、少なくとも私にとっては、一人では難しかった様々な困難の前でも、挫折しないように助けてくれた学校、それ以上のところだったと思います。
良い先生と友人たちに出会い、とても有益で、楽しい時間になったことに対して本当に嬉しく思いますし、私の最大の目標だった就活にも成功し、自分自身にも多くの満足感を感じています!
もう一度、すべての先生たちと、一緒に授業を聞いた友人たちに感謝の気持ちを伝えたいです。

ジョンㅇㅇ学生のインタビューはここまでです。
日本語実力が高くても、自慢することなくいつも謙虚な姿勢でより多くのことを学ぼうと努力したジョンㅇㅇ学生であったからこそ、決めていた期間内に目標を成し遂げられたのだと思います。
日本での就職活動をしようとする多くの人々にとって、役立つアドバイスを詳しく聞かせてくださり、本当にありがとうございました。
東京ギャラクシー日本語学校のビジネス日本語クラスで学んだ知識を存分に活用しながら、やりがいのある社会生活を始めてくださればと思います。
多くの人のお手本となったその姿も、変わらないことを願っています!