明治大学大学院合格・留学インタビュー

東京ギャラクシー日本語学校で日本の大学院進学を目指して地道に勉強してきたイムさんが、明治大学大学院政治経済学研究科に合格しました。

いつも模範的な姿勢で勉強に取り組んできたイムさんに、これまでどのように勉強してきたのか、どんな留学生活を送ってきたのかインタビューをしました。

日本の大学院受験準備に一番役に立った授業は何ですか?
大学院に関連した選択授業が一番役に立ったと思います。もちろん他の選択科目も日本語力向上に役立ちましたが、“研究計画書作成方法”という実質的に進学に直結する部分は、大学院に関連する選択科目授業を通してとても役に立ちました。

明治大学大学院に無事に合格できた秘訣について聞かせてください。
もちろん人それぞれ方法があると思いますし、私が行った方法が一番効率的だとは言えませんが、ただ勉強を続けていたことが一番役に立ったのだと思います。平日は学校が終わった後お昼を食べてそのまま図書館に行って勉強をし、週末は図書館の開館時間から閉館時間までずっと勉強していました。

明治大学大学院合格・留学インタビュー

感謝を伝えたい東京ギャラクシーの先生について教えてください。
日本に来たばかりで未熟な日本語でも熱心に教えてくださった中川先生、そして食事の時間まで減らして面接練習をしてくださった熊崎先生です。もちろん東京ギャラクシー日本語学校すべての先生に感謝していますが、特にこの2名の先生が記憶に残っていて感謝を伝えたいです。

東京ギャラクシー日本語学校に入学を決めた理由は何ですか?
2年4ヶ月の軍人生活を終えてすぐに日本留学を決めたため、他の人より留学についての情報が不足していましたが、留学前の準備や学校のカリキュラムについて細かく説明してくれた東京ギャラクシー韓国事務所の方々のおかげで入学を決めました。

東京ギャラクシー日本語学校に入学してどんな実力が向上したと感じますか?
まず私は、ひらがなさえも分からず留学に行きましたので、東京ギャラクシーに入学してから日本語の実力がとても向上したと思います。聞く、書く、話す、なに一つちゃんとできるものがなかったので、私の日本語の実力は東京ギャラクシーと共に成長したと言えますね。

日本に来てから1年6ヶ月程度経ちましたね。日本に来たばかりのときと比べて現在の日本の生活はどうですか?
看板に書いてあるひらがなさえ読めない状態だったので“だれか話しかけて来ないかな”また、お店で何か買うときに“日本語で話しかけられたらちゃんと答えられるかな”という恐さでいっぱいでした。今は驚くことに、日本語の実力について褒めてもらえるほどになり、特に問題なく生活しています。

明治大学大学院合格・留学インタビュー

日本の大学院進学を計画している後輩たちにアドバイスをお願いします。
もし留学前に時間的余裕があれば、英語の勉強とJLPTの勉強をして来て下さい。大学院入学試験により多くの努力を注ぐことができると思います。経営や経済を専攻して大学院進学を目指す韓国の方が多いと聞きましたが、途中で諦めてしまう方も多いと聞きました。諦めずに最後まで一生懸命やれば、必ずいい結果が出ると信じています。頑張ってください。

これから明治大学大学院で何を目標に勉強する計画ですか?
私は人口の高齢化問題と対策を分析する主題を取り扱う計画です。些細なことかもしれませんが、これから超高齢化社会に直面する母国、韓国の役に立ちたいという気持ちでいます。

イムさんの大学院受験準備、留学生活についてのお話はここまでです。イムさんは常に計画を立てて実践し、目標を達成する強い意志を見せてくれました。授業のときは積極的な発言を通して周りの人にも良い影響を与えたことでしょう。

明治大学大学院でも人々に良い影響を与えながら勉強頑張ってください!
インタビュー対応していただきありがとうございました。

日本の大学進路を決める前に考えておくべきこと

日本の大学に進学するため、東京ギャラクシー日本語学校で勉強を始めた学生のみなさんに進路を決める前に考えておくべきことを紹介します。
みなさんは自分のことについて深く考えてみたことはありますか?考えてみると、“私はこんなことがやりたい”“私はこの分野に興味があるからこんな勉強がしたい”など、漠然とでもやりたいことが思いつくはずです。
そうしたら次は何をすべきでしょうか。いくつか日本の大学へ願書を提出しますか?大学を決めるときに挙げられる条件は様々です。EJUの点数、英語、小論文、面接などの試験、そして大学の位置や学校の雰囲気、卒業生の就職状況などがありますよね。
自分の点数に合った大学に出願する場合もあります。元々は、法学を勉強しようとA大学 法学部に出願したかったけど、点数をみるとB大学 文学部のほうが安全に受かりそうだという理由で、B大学を志望するという例もあります。

日本の大学進路を決める前に考えておくべきこと

しかし、このような方法はおすすめしません。その理由は、興味のない分野の勉強を、それも日本で4年間も時間を費やすことはとてももったいないことだからです。そして、EJUの点数だけで学生を選抜する大学であれば合格することもできると思いますが、面接選考がある場合は、面接官が基本的な内容以外のことについても質問する場合が多いです。予想していなかった質問に嘘をついて答えなければいけない状況になるときもあれば、困惑して何も思いつかずに答えることができない場合も起こり得ます。
点数や大学の名前だけで判断するのではなく、興味のある勉強ができる学部がどこの大学にあるのか、学びたいことをよく教えてくれる環境なのかを考えて大学を選べば、日本で有意義な留学生活を送ることができると思います。

もし自分で選択した大学が、実際に入学してから予想と違ったらどうしようと心配する方におすすめしたいのは、オープンキャンパスに参加することです。直接日本の大学にいって見学しながら、教授や在校生と話をする機会もあります。オープンキャンパスに参加すれば、情報を得ることができ、実際の試験時の雰囲気も知ることができます。実際に大学の面接でも、自分がなぜこの大学に出願しようと決めたのか、オープンキャンパスで感じたことも含めて話をすれば説得力もあり自信を持って自分の考えを伝えることができるでしょう。
最後に、受験生たちが見逃しがちな部分が、試験時期です。大体の受験生は、いくつかの大学に願書を提出しますが、このとき試験日が重なっていないか、出願期間が重なっていないか細かく調べる必要があります。東京で試験を受けた次の日に、大阪で試験を受けようとする場合、試験準備に集中することも難しく、準備しなければいけないことも多いため精神的にも疲れてしまいます。
毎年、東京ギャラクシー日本語学校では、上記で述べたことを十分に反映した授業を行っています。

日本の大学進路を決める前に考えておくべきこと

4月からはEJU試験対策と同時に、自分が日本で何をしたいのかよく考えて、自分に合う大学を探す方法について細かく指導します。そして、6月には志望理由書の枠組みを組み立てられるようになり、大学に願書を提出する時点では、完成度の高い志望理由書を作成して、EJUの成績と一緒に出願したい大学へ自信を持って提出することができます。
東京ギャラクシーの先輩のように、最後まで最善を尽くし必ずいい結果が出ることを信じて、東京ギャラクシーのノウハウが詰まった大学入試対策授業に一生懸命取り組めば、充実した1年を過ごすことができます。
大学入試は前々から余裕を持って準備して、まず自分についてよく分析したあと計画することをおすすめします。

パティシエを夢みてはじめた日本留学 東京製菓学校合格

韓国でパティシエとして働いている中、製菓についてより深く勉強しようと決意し、東京ギャラクシー日本語学校で日本留学をスタートさせたコンさんが、目標としていた東京製菓学校 洋菓子本科に見事合格しました。
いつも真面目に授業に取り組み、地道に日本語の実力を伸ばしてきたコンさんに、これまでどのような留学生活を送ってきたのか、東京製菓学校に合格した秘訣などインタビューをしました。

東京製菓学校 洋菓子本科に合格した秘訣を教えてください。
東京ギャラクシー日本語学校の速習クラスA,BでJLPT N2級合格を目標に勉強してきました。速習クラスを終えた後は、選択科目のカリキュラムを利用して作文や会話の実力を伸ばすことができたので、そのお陰だと思います。また、東京製菓学校のオープンキャンパスのイベントには5つほど参加しました。

東京製菓学校に入学しようと決めた理由は何ですか?
韓国にいるときから、評判が良いと聞いたことがあり、実際にオープンキャンパスに参加して先生方の指導方法がとても良いと感じました。フランス製菓をたくさん扱う点も気に入り、東京製菓学校に進学することを決めました。

パティシエを夢みてはじめた日本留学 東京製菓学校合格

東京ギャラクシー日本語学校の先生で感謝を伝えたい先生はいますか?
夏学期の選択科目の1つ、“作文から小論文へ”という授業を担当していた海保先生です。毎回課題を提出すると点数にグレードをつけてくれ、私が書いた文章についてこの文章はこういう表現をしたほうがより良いと詳しくフィードバックをしてくれました。それだけではなく、私の考えについてもコメントをしてくれました。また、授業が終わりに近付く頃、授業を受けている学生のほとんどが進学目標だった関係で、先生は“自分の長所について書いてみよう”と提案してくれました。自分で長所を書き出すことは難しかったですが、先生が“あなたの作文を見るとこういう特徴があると思うよ、こういう長所があると思うよ”と教えてくださりとてもありがたかったです。そして最後の課題ではA+の評価をもらうことができてとても嬉しかったです。

東京ギャラクシー日本語学校に決めた理由は何ですか?
東京製菓学校進学を目標に日本語を一生懸命勉強した先輩のインタビュー記事をみて、私もここで勉強しようと決意しました。

日本に来たばかりのときと比較して今の生活はどうですか?
来たばかりのとき、日本語がまったくわからなかったわけではないですが、まだ日本語の実力が不足していたので、どこかに外出することが怖かったです。しかし、だんだん慣れてきて日本語の実力も伸びてきたのか、誰かが自分に話しかけてきたときに最初は聞き取れないところがあっても、もう一度聞いてみると理解することができ、1年前よりはだいぶ気持ちが楽になりました。

日本の専門学校進学を目指している後輩にアドバイスをお願いします。
専門学校進学を目標に、語学学校へまず入学するとしても、入学前にひらがな、カタカナは覚えて基本的な文法くらいまで勉強して来ることをおすすめします。そのほうが、日本の生活に早く慣れることができると思います。

パティシエを夢みてはじめた日本留学 東京製菓学校合格

東京製菓学校に入学したら何を目標に勉強する予定ですか?
専攻の勉強も日本語の勉強も一生懸命やり、卒業後は日本で就職まで挑戦したいです。
2年生時にはフランス語も習うとのことで、フランス語の製菓用語も習得したいです。

いつもやるべきことに最善を尽くしてきたコンさん!目標にしていた東京製菓学校洋菓子本科の合格、おめでとうございます。
2年後には日本でパティシエとして働けるように、そして東京製菓学校でも充実した留学生活を送ることができるよう願っています。
コンさんがこれからどんな花を咲かせるのか本当に楽しみです。インタビューありがとうございました。

東京ギャラクシー日本語学校 よくある質問

未来の大きな夢に向かって日本留学を決意し、真剣に勉強に取り組もうとしているみなさんから東京ギャラクシーのカリキュラムや日本の生活に関する質問を受けます。

東京ギャラクシー日本語学校の授業は何段階でレベル分けされていますか?
11段階に分かれています。初級は2段階、中級は4段階、上級は5段階です。

授業時間について教えてください。
平日週5日授業があります。中級4段階から上級レベルは午前(09:20~12:40)、初級1段階から中級3段階レベルは午後(13:10~16:30)の授業です。
大学進学を準備する学生は、午前の1時限から4時限までは日本語に関連した授業で、午後の5時限から6時限までは日本語以外の総合科目・理科・数学・英語などの授業を受けます。

東京ギャラクシー日本語学校 よくある質問

学費は1年分を一括で納付しなければならないですか?
短期ビザで在留し勉強する場合には3ヶ月分の学費を、留学ビザで在留し勉強する場合は6ヶ月毎に納付します。

交通費の学生割引はありますか?
東京ギャラクシー日本語学校は、学校法人の日本語学校なので、日本の大学生と同じように割引を受けることができます。家から学校までの区間を定めて購入します。割引率は40~50%です。ただし、留学ビザを持っている学生のみが割引対象です。

東京ギャラクシー日本語学校はどこにありますか?
東京の中心地、日本橋地域にあります。銀座までは地下鉄で5分、東京駅は徒歩20分またはバス5分で着きます。

東京ギャラクシー日本語学校 よくある質問

一般クラスで勉強している途中で特別クラスに移ることはできますか?
日本語レベル、出席率90%以上などの条件を満たしていれば可能です。この条件については新入生オリエンテーションで細かく案内します。参考までに、大学進学のための特別進学クラスは毎年4月に、就職のためのビジネス日本語クラスは毎年4月と10月に、JLPT N2以上のレベルアップのための速習クラスは毎年1月と7月に新しく開講します。

上記内容以外にも気になることがあれば、何でもお問い合わせください。
東京ギャラクシー日本語学校は日本で大学、大学院、専門学校に進学したり、就職したり、日本に滞在しながら目標を達成して多くの経験を積もうとしている人が入学する日本語学校です。正規授業以外にも進学や就職支援まで積極的に実施されており、毎年数々の成功事例を輩出しています。
日本語の上達はもちろん、日本で関心のある分野の知識を養い、色々な経験を積みたいと思っている方、在学中に日本語学校を卒業した後の未来まで準備できるように、東京ギャラクシー日本語学校で安心して留学生活を始めましょう!

文化服装学院 ファッション工科専門課程合格インタビュー

ファッションを勉強するため、2019年4月、東京ギャラクシー日本語学校に入学し、日本語を勉強してきたチャさんが、文化服装学院ファッション工科専門課程に無事に合格しました。
チャさんは東京ギャラクシー日本語学校に入学した当時、初級クラスで勉強を始めました。そして速習クラスなどを活用して、日本語の実力を着実に伸ばし、ファッション関連で最高の学校として選ばれている文化服装学院に合格するまで、本当に一生懸命に勉強してきました。
これまで日本でどのように生活してきたのか、合格のためにどんな勉強をしてきたのかインタビューをしました。

文化服装学院に見事合格した秘訣について聞かせてください
やはり、東京ギャラクシー日本語学校の授業カリキュラムがとても役に立ちました。文化服装学院は、試験の種類が多く、作文、聴解、筆記、面接試験をすべて受けなければなりません。しかし、私が特別に準備したものは面接しかありませんでした。作文は、東京ギャラクシーの授業で毎日してきたので心配なかったです。聴解と筆記も同じです。
試験勉強を特にしなくても、東京ギャラクシー日本語学校で毎日授業を受けて習得したものがあり、日頃から身に着けてきた実力を文化服装学院の試験のときに発揮できたのだと思います。特に速習クラスでしてきた勉強が、一番効果がありました。

文化服装学院に入学することを決めた理由は何ですか?
ファッション分野で仕事をするには、学歴より実力のほうが重要だという話をよく聞きました。また、私が望んでいたのは、座ってする勉強よりも実習重視の勉強であり、デザインとマーケティングを一緒に勉強したかったです。
文化服装学院の場合、とても多くの学科があります。ちょうどデザインとマーケティングを3年間深く学ぶことができる学科もあり、ここに入学しようと決めました。

文化服装学院 ファッション工科専門課程合格インタビュー

お世話になった東京ギャラクシー日本語学校の先生について聞かせてください。
進学担当だった澤田先生です。文化服装学院の面接を準備するとき、本当に丁寧に指導していただきました。外国人留学生が多く志願する学校なので面接が重要だと話してくれ、予想質問指導もしてくださいました。先生のおかげでしっかりと準備できたので、実際の面接では落ち着いて臨むことができました。
また、1階事務局の小松先生にも感謝しています。日本語をある程度話せても限界を感じるときがありましたが、小松先生はいつも韓国語で話しをしてくれて、気持ちが楽になりました。

東京ギャラクシー日本語学校に入学したきっかけは何ですか?
慎重になって決意した留学なので様々な日本語学校を細かく調べました。“語学研修”だと遊びに行って帰ってくるという印象が少なからずあり、もしかすると日本語学校の授業は体系的ではなさそうだと思っていましたが、東京ギャラクシー日本語学校は学校法人の日本語学校であり、大学進学を目標にしている学生もたくさんいるので、本当に学校のように運営されていると感じました。
実際に日本に来てからも、自分の考えは間違っていなかったとわかり、優秀な先生方がたくさんいらっしゃると感じました。また、日本で生活してみると、他の日本語学校の情報も耳に入ってきましたが、東京ギャラクシー日本語学校が語学学校の中でも一番良いという話を聞きました。

日本に来たばかりの時と比べて今の生活はどうですか?
最初は、日本語で授業を聞くことも、どこかに出かけることも大変でしたが、今は買い物に行くときも、店員さんが話す言葉も理解でき、会話もできるようになりました。日本に来て、日本語の実力がとても伸びたと実感しています。

日本の専門学校進学を目指している後輩にアドバイスをお願いします。
日本語学校で通っている間、出席率は絶対に90%以上を維持してほしいと伝えたいです。文化服装学院の面接のときに、私を含む3人の留学生が一緒に面接を受けました。そのうちの1人は日本語学校の出席率が81%くらいで、面接官が、なぜ出席率が低いのかを質問していました。このとき、日本では出席率が与える影響がとても大きいということを実感しました。

これから文化服装学院で何を目標に勉強する予定ですか?
文化服装学院で、今まで勉強したかったファッションデザインとマーケティングを思う存分勉強して、日本語もマスターしたいです。卒業後は日本のファッション業界に就職できるように準備する計画です。

文化服装学院 ファッション工科専門課程合格インタビュー

東京ギャラクシー日本語学校での留学生活、文化服装学院 合格の秘訣などを細かく聞かせてくれたチャさん、ありがとうございます。

目標達成のために長期計画を立てて、一つ一つ実践していく姿がとても素敵でした。文化服装学院で、今まで積み上げてきた日本語の実力を発揮して、デザインの実力も備えられるよう応援しています。文化服装学院 合格、本当におめでとうございます。

学校法人 ギャラクシー学園