大学院を修了した先生のインタビュー ~大学院の勉強について~

日本の大学院進学について関心を持ち、色々な情報を集めている方も多いと思います。日本の大学院で勉強するということはどのような経験をするのか、日本の大学院進学を検討している方々のために今回は、大学院を修了した東京ギャラクシー日本語学校の先生にインタビューをしました。
 東京ギャラクシーで、留学生の大学、大学院進学のために日頃から進学指導を行っている松川先生は、日本の国立大学大学院で修士課程を修了されました。実際に大学院で勉強をして、また長い間東京ギャラクシー日本語学校で大学院入試指導に携わっている先生なので、具体的でリアルな情報を細かく教えてくれました。

大学院進学を決めたきっかけを教えてください。

私の大学院の専攻は日本語教育です。高校生のときから日本語教師になろうと決めていました。大学では生涯教育を主専攻、日本語教育を副専攻で勉強していました。同じ大学には日本語教師になることを目標にして、本格的に準備をしている先輩たちが多くいました。大体の先輩は大学院に進学していたので、私も先輩たちの影響を大きく受けて大学院に行きました。
また、ボランティア活動等を通して外国人の子供の日本語教育にも関心を持ち、この分野の研究に貢献したいと思ったことも大学院に入学したきっかけになりました。

大学院での生活を通して、学んだことや身につけたことについて聞かせてください。

1)批判的思考力(critical thinking)と批判的読解力(critical reading)
大学院に入るためにも必要な力ですが、大学院では論文を作成したり討論しながら他の人の研究分野に接する機会が多くあり、この過程を通して批判的思考力と読解力を磨くことができました。自分の専攻分野とは違う内容でも論理的に考えて意見を提示しなければいけない状況になるときが多々あるので、自然と思考力と読解力が身につきました。現在、東京ギャラクシー日本語学校で大学院入試の授業を行うときも、専攻知識よりもむしろ大学院で培った批判的思考力と読解力が大きく役に立っています。

2)広い視野、友達や人脈
私が通っていた大学院の学生は年齢も国籍も様々でした。彼らと一緒に勉強しながら、貴重な経験をたくさんしました。大学院では、授業だとしても先生が必ず正解を持っているわけではありません。色々な人と一緒に、様々な角度から意見を提示して思考を深く広げることが重要です。多くの人と討論をすることで深く考える機会を持つ経験は、研究にも大きな影響を与えました。その他にも大学院では専攻分野の知識が身につくのはもちろん、調査・研究能力など学ぶことはたくさんあります。

大学院を修了した先生のインタビュー

東京ギャラクシー日本語学校で入試準備をして、見事日本の大学院に合格した学生の特徴はありますか?

1)研究しようとする分野が明確であった
2)研究しようとする分野が今まで経験してきたこと(大学の専攻、仕事やアルバイト、ボランティア活動)と関連があった
この1)と2)はどれくらい具体的に研究できるかに関連しています。
3)研究のために大学院に行こうとする意志が明確であった
就職するか大学院に進学するかを迷って大学院の入試準備をする人が時々いるのですが、大体の人が途中で大学院進学を諦めて就職を選択していました。
4)アカデミックな日本語の実力がある(大学院に合格する1年前に最低でもJLPT N2級レベルを持っていれば安心)
5)専攻知識が備わっている
6)分野によっては必要な英語の実力も備わっている

記憶に残る東京ギャラクシーの学生について聞かせてください。

  • 経済学専攻
  • 2018年10月 東京ギャラクシー入学当時、日本語実力はJLPT N2レベル
  • 2019年冬学期に速習Cクラス
  • 2019年7月に実施されたJLPTでN1に合格
  • 夏と冬に出願した大学院は不合格で大変な時期もあったが諦めずに努力し続け、英語の試験と経済の試験で高得点を取得。当時、1日10時間以上勉強していたとのこと。2020年2月下旬、最後の発表を待っていた大学院(MARCH)に見事合格!
  • 授業には常に積極的な態度で参加し、一緒に勉強していたクラスメイトにも良い刺激を与えていた
  • 大学院入学後も継続して努力を重ね、論文や学会の発表準備をしている
  • 最初は難しく感じても最後まで諦めずに努力する姿勢が重要

大学院進学について関心はあるけど悩んでいる方もいると思います。そんな方々にアドバイスをお願いします。

大学院に入りたいと思っている方たちに一番重要なことは強い意志です。大学院に合格するまで険しい道のりが続きますが、大学院に入学した後も一筋縄ではいかない生活になります。しかし、これらの過程を乗り越えれば、目の前に広がる景色は大きく違ってきます。大学院入試準備から大学院に合格して修了するまでに得るものは、他のところでは得ることができない経験でした。

大学院を修了した先生のインタビュー

どんな学生に大学院での勉強が合っていると思いますか?

✓意思が強い人
✓自ら論理的に考え、計画的に行動できる人
✓将来研究職に就こうとしている人(学校だけでなく一般企業で研究・調査に関連した職種を希望する人)
✓社会貢献のために研究をしようとする人
✓今までの研究や業務では解決できなかったことを、研究を通して解決しようとする人

日本の大学院でどんなことを身につけることができるのか疑問に思っていた方々が、今回のブログで大学院について少しでも知ってもらえればいいなと思います。大学院進学を目標に東京ギャラクシー日本語学校に入学すれば松川先生はもちろん、大学院を修了された日本人の先生の授業を受けて、進学に必要なことを細かく学び、受験に備えることができます。ただし、大学院入試対策授業は毎年1月、4月に開講され、JLPT N2級以上の実力がないと入試準備をすることができません。日本に行く前にあらかじめ日本語の勉強をしてJLPT N2級程度の実力をつけておくか、東京ギャラクシーで初級、中級レベルで勉強しながら1月または4月までにJLPT N2級の実力をつけた後、大学院進学準備の授業を受けるというのもいいですね。これを機に、なぜ大学院にいこうとしているのか、そして将来何をしたいのか自分で改めて考えてみる機会をぜひ作ってみてくださいね。

日本語学校への留学準備をする前に知っておきたい3つのこと

日本留学に興味があり、留学について調べている人は、日本の大学や大学院、専門学校に行きたい、日本で就職がしたいという漠然とした目標を持っている人もいるかと思います。そして、日本の大学や専門学校に進学したり就職したりするためには、自国で準備するよりも日本にある日本語学校で勉強する方が時間を効率的に使えて、しっかりと勉強ができるのではないかと考えている人もいると思います。色々な情報を集めて、日本語学校への留学を真剣に考えている皆さんが、少しでもより良い決断ができるよう、あらかじめ念頭に置いておくと良い点を3つ紹介します。

出席率
日本語学校、日本の専門学校、大学では、外国人留学生の出席率を記録します。記録された出席率は、留学ビザを管理する日本の出入国在留管理局に提出することになっています。日本語学校の出席率は、日本語学校に在籍しているときだけではなく卒業後も様々な場面で必要になる重要な記録です。
例えば、日本語学校で勉強をした後、日本の大学に入学をするという場合で考えてみましょう。日本語学校に入学したときの留学ビザの期間が、大学入学時に残っている場合、大学でもそのビザを使うことができますが、途中で留学ビザの更新申請をする必要があります。その際、出入国在留管理局に提出する書類項目に日本語学校の出席・成績証明書が含まれています。また、日本の大学の成績証明書も提出しなければなりません。この時、どちらか一方、あるいは両方の出席率が良くないと、大学卒業までの年数に関わらずビザの期間が短く更新されたり、更新が許可されず帰国しなければならないという場合もあります。
日本の専門学校、大学、大学院に願書を提出する際にも、日本語学校の出席・成績証明書を提出します。日本の専門学校は、日本語学校での出席率が80%以下の学生の書類は一切受け付けないというケースもあります。日本の大学や大学院では、願書自体は受け付けても、面接のときに「どうして出席率が低いのか」と質問をすることが多々あります。
日本語学校に通い真面目に勉強する学生たちは、日本語のレベルもどんどん上がり、重要な情報を聞き逃すこともないため、限られた時間の中で目標を達成していきます。出席率が高く普段から授業にも積極的に参加している学生は、日本語学校と指定校協定を結んでいる専門学校や大学に出願する際、指定校推薦入試制度を利用することもできます。
日本語学校に通う前に、毎日真面目に学校に通いしっかりと授業を聞くことができるのか、自分自身と向き合ってみる必要があります。

日本語学校への留学準備をする前に知っておきたい3つのこと

日本でのみ受けることができるカリキュラム
日本には多くの日本語学校があります。その中で、日本語学校ごとにカリキュラムが異なるため、学校を選択する際にはカリキュラムを細かくチェックする必要があります。その学校が、自国でも十分に学べる内容だけを扱っているのか、あるいは自国では学ぶことができない事を扱っているのかをみれば、日本語学校にも多くの違いがあるということを感じられると思います。これは学校ごとに教育理念や運営方針が異なるため、授業のカリキュラムも様々だと考えられます。
東京ギャラクシー日本語学校は、留学生の日本語力向上及び目標達成を最優先に考えているため、日本語学校で初めて選択科目カリキュラム、ビジネス日本語クラス、速習クラス、アカデミック日本語クラス、文化コミュニケーションクラス、会話で学ぶ中級日本語クラスを開設しました。現場で授業をしながら、学生が望む授業や学生の日本語力向上のパターンを具体的に把握した東京ギャラクシーの教師陣が研究を重ねた上で作られた授業であるため、在校生および卒業生たちから高い評価を受けています。
各日本語学校のカリキュラムを詳しくチェックして、自分の目標に合った授業を行う学校なのか、必ず事前に確認してみてくださいね。

進学、就職指導
日本語学校ごとに授業のカリキュラムも異なりますが、進学指導や就職指導に関するプログラムも学校によって異なります。
例えば、日本の専門学校進学を目標にして日本語学校に入学したものの、勉強していくうちに、目標が日本の大学進学に変わる事例や、日本の大学院進学を目標にしていたけれど、専門学校進学または日本での就職に計画を変更する事例もあります。このような時に備えて、それぞれの日本語学校に日本の専門学校、大学、大学院進学対策プログラムが設けられているか、あるいは就職支援プログラムがあるのかという点も、前もって知っておくと良い点でしょう。進学指導の先生、就職指導の先生と一緒に準備をすれば、限られた時間を有効的に使うことができ、目標達成に近づきますね。また、このような環境が整っている日本語学校なら、在校生や卒業生たちの進路事例についても知ることができ、情報収集にも大きく役立つでしょう。

日本で達成したい目標を立てて日本留学を決心し、日本語学校を検討するときには必ず出席率やカリキュラム、そして進学や就職指導プログラムのことを念頭に置いて調べてみてくださいね。 日本語学校で過ごす時間は、一生に一度だけ与えられるチャンスです。この大切な時をどのように過ごすか、その学校で自分の未来をどう描いていくかを考え、勇気を出して挑戦してみてくださいね!

東放学園専門学校放送技術科に合格インタビュー

東京ギャラクシー日本語学校の在校生キムさんが、東放学園専門学校の放送技術科に無事合格しました。東放学園専門学校の放送技術科では、撮影と映像制作技術を学ぶことができ、卒業後には日本の放送業界で専門的な人材として活躍できるようになります。
キムさんはもともと2020年4月から東京ギャラクシー日本語学校で勉強を始める予定でしたが、コロナウイルスの影響により日本への入国が制限されてしまい、10月初めまで日本に来ることができませんでした。
それでも7月からはオンライン授業を通して、自国にいながら東京ギャラクシーの先生たちと一緒に日本語を勉強してきました。そして10月末からは日本に入国し東京ギャラクシーの教室で勉強を始め、東放学園専門学校の入試準備も行いました。
それでは、キムさんの東放学園専門学校合格インタビューを一緒にみてみましょう。

東放学園専門学校合格、おめでとうございます!合格した感想を教えてください。
コロナの影響で半年間日本に入国することができなかったので、果たして専門学校に合格することができるだろうかと、とても心配しました。10月に日本に来てすぐに、東放学園専門学校に提出する願書や面接の準備をしたのですが、東京ギャラクシーの先生方がサポートしてくださり、無事に合格することができました。本当に嬉しいです。

東放学園専門学校に合格した秘訣は何ですか?
東放学園専門学校で行われた筆記試験がJLPTの問題類型と同じだったのですが、普段からJLPT試験の勉強を一生懸命にしていたのが役に立ったのではないかと思います。また、面接の練習をたくさんしたのも秘訣として挙げられると思います。

東放学園専門学校放送技術科に合格インタビュー

感謝を伝えたい東京ギャラクシー日本語学校の先生はいますか?
進学指導の先生だった渡邉先生に感謝しています。出願の準備もたくさんサポートしてくださり、面接も長い時間、一緒に準備してくださいました。
また、会田先生にも感謝したいです。推薦入試準備を控えていたときに、これからも頑張らなければならないと励ましてくださったおかげで、自分自身のことを振り返る機会を持つことができました。

東放学園専門学校合格に役立った東京ギャラクシーの授業はありますか?
選択科目の一つ、「日本語能力試験N2対策」の授業です。東放学園専門学校の筆記試験に本当に大きく役立ちました。

コロナウイルスの影響により2020年10月から日本での生活を始めましたね。実際に日本で勉強してみて、オンライン授業とはどのような点が違うと感じましたか?
7月から10月末までオンラインで授業を受講し、入国後の隔離期間を経て11月から東京ギャラクシーの教室で授業を受けましたが、オンラインでの授業も日本語向上の役には立ったものの、時々集中できない時もあり、インターネット環境が良くない時は途切れてしまうこともありました。
日本に来て勉強をスタートしてみると、すべて日本語で会話をしなければならない環境に置かれるようになったので、自分の日本語がさらにレベルアップしているように思います。みんな一緒に一つの場所に集まって勉強しているので、しっかり集中できるようになり、やはり日本に来て受ける授業の方が、オンラインよりさらにいいですね。

東京ギャラクシー日本語学校に入学することを決めた理由は何ですか?
日本に来る前から東放学園専門学校に進学することを目標にしていました。外国で生活しながら勉強するわけなので、やみくもに専門学校に入学するだけでは適応するのも難しいだろうし、私の日本語のレベルも高くないので、学校の授業に追いつくこうと余裕がなくなってしまうのではないかと思っていました。
東京ギャラクシー日本語学校は東放学園専門学校と指定校協定を結んでいるため、推薦入試制度がある点がいいなと思いました。まずは日本語学校に通って日本語をしっかり勉強し、日本の生活にも適応して、全般的な実力を向上させたいと思ったので東京ギャラクシー日本語学校に通うことを決めました。

東放学園専門学校放送技術科に合格インタビュー

日本留学を準備している学生たちにアドバイスを一言お願いします。
ぜひ漢字の勉強をたくさんしてください。漢字をたくさん覚えれば覚えるほど、日本での生活が楽になります。また、留学前にJLPT N3レベルまで勉強してくれば、日本での留学生活にとても役立つと思います。

2021年3月まで、東京ギャラクシー日本語学校でどんなことを目標に勉強する予定ですか?
日本語での会話力をもっと伸ばしたいです。また、2021年7月に行われるJLPT N1試験に合格できるように準備するつもりです。

東放学園専門学校に入学した後の目標は何ですか?
日本の放送現場で働きたいと思っているので、就職を目標に東放学園専門学校で一生懸命に勉強しようと思っています。

東放学園専門学校放送技術科合格、本当におめでとうございます。
日本留学における目標を早くから具体的に立てて、いつも真面目で着実に取り組んできたキムさん!コロナの影響で見通しが立たない時期もありましたが、最後まで希望を失わずに努力してきました。
東放学園専門学校でも活躍してくれることを願っています。

東京製菓学校洋菓子本科 指定校特待生合格インタビュー

東京製菓学校合格を目標に、2020年1月から東京ギャラクシー日本語学校で勉強を始めたイさんが、指定校特待生入学選考を通じて無事に東京製菓学校に合格しました。
東京製菓学校に合格するまで、日本でどのような生活を送ってきたのか、どのように勉強してきたのか、詳しくお話を聞かせてくれました。

東京製菓学校に合格した感想を聞かせてください。
1年前に東京製菓学校に絶対合格したいと思いながら日本への留学準備をしたのですが、実際に合格して嬉しく思いながらもまだ実感が沸かないですね。でも、無事に合格してよかったと思います。

東京ギャラクシー日本語学校の先生で、感謝の気持ちを伝えたい先生はいますか?
感謝したい先生は本当にたくさんいます。その中でも中橋先生、会田先生には特に感謝しています。
中橋先生は進学担当の先生でしたが、志望理由書や書類を準備する際、難しい言葉を優しい言葉に直してくださるなど、細かい部分まで指導してくださったおかげで無事に東京製菓学校にも出願することができました。
面接準備の時も「この部分は直した方がいいですよ」「この点を変えれば、東京製菓学校が望むような答えに自然に結びつきそう」など、東京製菓学校の入試に合わせて具体的に指導してくださいました。先生のおかげで実際の面接も難しく感じませんでした。
会田先生は速習クラスの授業の時にずっと教えてくださっていたのですが、全般的に東京製菓学校の入学を担当する先生です。私が質問をするたびに、いつも親切に答えて下さり、進学の準備などたくさんサポートしてくださいました。

東京製菓学校に合格した秘訣はありますか?
日本に来たばかりのころは、今のように面接に参加できるような日本語力はありませんでした。そのため、東京製菓学校に出願する直前、今年の8月までには必ず日本語のレベルをJLPT N2級以上に上げるという目標を立てて勉強しました。留学中に、専門学校の情報を調べることよりも、東京ギャラクシー日本語学校の授業に集中して日本語のレベルを向上させようとした努力が、合格に結びついたのだと思います。

東京ギャラクシーに入学した当時に比べて日本語力がとても伸びましたが、これまでどのように勉強してきましたか?
入学した当初はJLPT N3級に合格した状態ではありましたが、日本語の会話はほとんどできませんでした。東京ギャラクシー日本語学校では6ヵ月間速習クラスで勉強し、宿題や予習復習に真面目に取り組みました。また、私が書いた作文への先生のフィードバックも最大限参考にして、習慣的に使っていた日本語を変えようと努力しました。
その他にもJLPTの教材を作って自分で勉強したり、少し難しい単語と漢字も別途時間を設けて勉強するなど、足りない部分を補うために自ら進んで学習しました。

東京ギャラクシーの授業で記憶に残っている授業は何ですか?
速習クラスが一番記憶に残っています。その中でも1月から3月まで受けた速習Aクラスが特に記憶に残っていますね。JLPT N3級には合格していたものの、速習クラスで習った作文、単語、文法の知識を積み重ねて、より確実に日本語の基礎をしっかり固めることができました。

東京ギャラクシー日本語学校に入学することを決めたきっかけは何ですか?
日本で製菓を学ぶことを決めた後、色々な語学学校を探してみましたが、東京ギャラクシー日本語学校は東京製菓学校、日本菓子専門学校など、製菓系の学校の合格率が高く、合格するまで積極的に支援してくれそうだと思いました。
よく調べてみると、指定校特待生や推薦入学選考に合格した学生も多く、選択科目の授業など学校のカリキュラムが体系的に整っていました。そのため東京ギャラクシー日本語学校で勉強することを決めました。

東京製菓学校洋菓子本科 指定校特待生合格インタビュー

東京ギャラクシー日本語学校はどんな学校だと思いますか?
製菓系専門学校への合格率も高く、合格するまでサポートも確実にしてくれるので、製菓・製パン関連で留学を考える方たちに推薦したいです。
その他にも、日本の大学への進学や、日本での就職を考えている方たちにもお勧めします。学生それぞれの留学目的に合わせて、特別進学クラス、ビジネス日本語クラスもあるからです。他の語学学校と差別化された部分でもあります。

日本の専門学校への進学を目指している人たちにアドバイスを一言お願いします。
日本に来る前に基本的な文法と、アルバイトができるくらいの会話を学んでから来ることをお勧めします。そうすれば日本に来てすぐバイトにチャレンジすることもできますし、日本人と話す機会が増えるため、日本語のレベルはさらに向上します。

コロナウイルスの影響で予想とは異なる留学生活を送ることになったと思います。その状況をどうやって乗り越えましたか?

今年の3、4月は授業がオンラインで行われることがあり、家にこもっている時期にはやはり時間的余裕がたくさんありました。その時に学校の宿題もやり、日本の芸能番組や映画などの字幕を見ながら、分からない単語を調べました。ネットフリックスも大いに活用しました。それでも時間が余ると、日本人の友達に会って遊びながら日本語を使おうと努力しました。

東京製菓学校ではどんなことを目標にして勉強する予定ですか?
最近、製菓・製パン系の専門学校を卒業した学生でも日本で経歴を積むことができるようになりました。(これまで製菓・製パンの専門学校で学んだ留学生は卒業後すぐに帰国しなければなりませんでした。)誰もがビザをもらえるわけではないので、無事に日本で就職できるように、オリジナルの洋菓子レシピを考えたり、製菓店などでバイトをしながら、いろいろな面で実力を伸ばしたいです。日本での就職を目標に、私にしかできないことを作り上げていくような留学生活を送りたいです。

イさん、東京製菓学校洋菓子本科合格、本当におめでとうございます。
東京製菓学校合格という留学の目標を達成するプロセスを通して、日本語力もかなり向上しました。長い間、目標に向かってこつこつと努力してきましたね。本当にお疲れさまでした。
東京製菓学校に入学しても、次の目標である「日本での就職」を必ず達成し、他の人とは一味違うパティシエに成長することを願っています。

学校法人 ギャラクシー学園