tokyogalaxy のすべての投稿

日本料理留学、東京すし和食調理専門学校合格体験記

在学生の東京すし和食調理専門学校合格体験記

日本食やお寿司について集中的に学ぶことができる東京すし和食調理専門学校。先日、東京ギャラクシー日本語学校の在学生、尹○○学生が東京すし和食調理専門学校の和食料理人コースに合格しました。
日本食に関心を持つ韓国人たちがだんだん増えているだけに、尹○○学生の東京すし和食調理専門学校の合格体験記は日本の食文化を専門的に学びたいと思っている人たちに大きな助けになると思います。合格に至るまでの思いを以下のように伝えてくれました。

東京ギャラクシー在学生の東京すし和食調理専門学校合格体験記

私は韓国にいる時から東京すし和食調理専門学校について調べていました。日本に来てからは学校で行われるオープンキャンパス、体験入学などのイベントにも積極的に参加しました。 その後、進学担当の先生から受けた案内にしたがって進学準備をしました。
日本の専門学校が最も重要視する部分が面接であるため、会話の練習を主に行いました。 おかげで無事に合格することができました。行きたい学校が決まっている状態で日本での留学を始めたので、自分に必要なものを準備することに集中することができました。

東京ギャラクシー日本語学校に入学した理由は、まず行きたい専門学校が東京にあること、また、東京の中で良い日本語学校だと推薦を受けたからです。
日本語をほとんど知らない状態で来たので、専門学校の試験まで半年ほど残った状態だったのですが、東京ギャラクシー日本語学校の有益な授業のおかげで日本語の実力を着実に身につけることができました。進学担当の先生である鈴木雅子先生をはじめ、全ての東京ギャラクシー日本語学校の先生たちに感謝いたします。

東京ギャラクシー在学生の東京すし和食調理専門学校合格体験記

日本での留学生活の中で日本に来て良かったと感じたのは、日本人との会話が通じた時です。ちゃんと勉強をしたんだ、という思いで胸がいっぱいになりました。韓国で英語を12年間に勉強しても会話ができず実用的ではありませんでしたが、日本語はしっかりと実生活において使うことができるため、最低限の目的は果たせたと感じています。
日本には多くの料理関連の専門学校がありますが、その中でも東京すし和食調理専門学校を選択した理由は、全世界で唯一、日本食のみを教える学校だからです。私は韓国でも料理をしていたので、基本的な料理の知識は持っていたのですが、料理の道の中で日本食分野を選択し、日本食関連の知識を深めるために日本にきたため、この専門学校が私の立場においては最善の選択でした。
日本の専門学校に進学するために日本での留学を始めようとしている後輩たちには、まず自分が本当にやりたいことを早く決めたほうがよい、ということを伝えたいです。 そうすれば、その後は本人の状況に合わせて学校を選択することができ、学校を選択したのなら、それに合わせて準備することができます。

東京ギャラクシー在学生の東京すし和食調理専門学校合格体験記

東京すし和食調理専門学校に入学したら、和食についての知識を深めるために、日本に来た目標を一時も忘れずに、計画したどおりに生きていこうと思っています。

ここまでが尹○○学生の合格体験記です。目標を立てて今年一年間、一生懸命に日本語の勉強をし、進学準備もしてきました。望んでいた学校に合格したこと、心からおめでとうございます。 🙂
東京すし和食調理専門学校で実力をさらに磨き、一流の料理人として生まれ変わることを願っています。合格体験記をありがとうございました。

ビジネス日本語クラス卒業生の日本就職成功体験記

東京ギャラクシー日本語学校 ビジネス日本語クラス卒業生の日本就職体験記

2017年10月から東京ギャラクシー日本語学校のビジネス日本語クラスで授業を受けながら就職活動を平行して行ったジョンㅇㅇの学生が、日本での就職に成功しました。
日本留学の目標を達成したジョンㅇㅇ学生に、これまでの留学生活および日本での就職活動についてインタビューをお願いしました。

1.東京ギャラクシー日本語学校のビジネス日本語クラスの授業はどうでしたか
短いといえば短いし、長いといえば長い6ヵ月の間、ビジネスに特化した授業を聞くことができ、意義深い時間だったと思います。
他の所では聞くことができないような日本の生活、特に社会生活に対する様々な状況や、難しい点を予め学んぶことができ、今後の状況に備えて準備ができる心理的な余裕を得たと思います。

2.ビジネス日本語の授業を聞いた後、変わった点はありますか
社会人という心構えを持つようになりました。
6ヵ月前、最初の授業の時に先生が強調した「ここ(学校)は会社、先生たちは上司」という言葉をまだ覚えています。
学校で授業を受ける学生ですが、心構えだけは立派な社会人として一日一日の授業を聞き、課題をしてみると、学校の外でも社会人という認識を持って行動するようになりました。

3.ビジネス日本語クラスの授業で行う活動の中で、最も面白かった部分は何でしたか
ビジネス日本語クラスにおける全ての内容が初めて接するものでしたが、特にグループで行った討論の授業と、プレゼンテーションの授業が一番記憶に残っています。どちらの授業も、先生から講義を聞くだけの授業ではなく、同じグループの友達が集まり、直接準備をして発表する内容だったので、準備する時は正直大変で、もどかしい部分もありました。
しかし、終わってからは「もっとよくできたのに」という悔しさと同時に、「でもよくやり遂げた」という達成感を感じることができ、胸がいっぱいになりました。

東京ギャラクシー日本語学校 ビジネス日本語クラス卒業生の日本就職体験記

4.一番感謝を伝えたい先生はどなたですか
指田先生、柿原先生、道木先生、鍋島先生など、すべての先生に感謝していますが、担任だった指田先生に最もお礼を伝えたいです。
指田先生は、私の就職指導担当の先生でもあったので、面談を通じて一番多く話をした方です。
私の日本での内定の知らせに喜んでくださった姿がまだ鮮やかに思い出されます。

5.日本での就職に成功することができた秘訣は何ですか
私自身が、外国人という認識を持っていないということです。最初は、私が韓国人という点、韓国語ができるという点だけを掲げて日本での就職活動に取り組もうとしていました。ところが、思ったより求人が少なく、制約が多く、しばらく停滞期に陥っていたことがあります。それで、その後は考え方を変えて、日本人と同じ条件で就職活動を開始し、無事内定を受けられるようになりました。
もちろん、外国人が就業をしようとする時、母国語は最も大きな利点です。しかし、その点だけを重視するならば、自分のありのままの姿ではない、外国人としての姿しか映らず、真の私をアピールすることが難しいと思います。

6.日本での就業を希望する学生たちにアドバイスを一言お願いします
当然の話ですが、日本での就職を希望するなら、一番重要な条件は日本語の実力です。
どのような職種を希望しても、一人でする仕事ではありませんから、他の人とのコミュニケーション能力が、仕事に関する能力と同じくらいとても重要な条件です。
スピーキング能力はもちろん、しっかり聞いて理解する能力まで伸ばすことができたなら、日本での就活の第一歩は無事に踏み出せたのだと思います。
そして自信!私が二回目の面接で一番たくさん聞いた質問が、自信に関するものでした。
単に「できる」という返事だけではなく、自分自身、そしてその事に対する確固たる自信を示すのが面接官たちも望む姿なのだと思います。

日本就職成功体験記

7.東京ギャラクシーの日本語学校はどんな学校だと思いますか
東京ギャラクシー日本語学校は、学生の目標と夢をそのまま実現させてくれるところだと思います。
(日本に)留学に来る学生たちには、就職、進学、語学研修など、様々な目標があると思いますが、東京ギャラクシーはその学生たちの夢を実現させるために、先生と学生たちが力を合わせて一緒に走るところです。
もちろん、学生によって、目標によって、結局成し遂げられず、諦めなければならない瞬間があるかもしれませんが、少なくとも私にとっては、一人では難しかった様々な困難の前でも、挫折しないように助けてくれた学校、それ以上のところだったと思います。
良い先生と友人たちに出会い、とても有益で、楽しい時間になったことに対して本当に嬉しく思いますし、私の最大の目標だった就活にも成功し、自分自身にも多くの満足感を感じています!
もう一度、すべての先生たちと、一緒に授業を聞いた友人たちに感謝の気持ちを伝えたいです。

ジョンㅇㅇ学生のインタビューはここまでです。
日本語実力が高くても、自慢することなくいつも謙虚な姿勢でより多くのことを学ぼうと努力したジョンㅇㅇ学生であったからこそ、決めていた期間内に目標を成し遂げられたのだと思います。
日本での就職活動をしようとする多くの人々にとって、役立つアドバイスを詳しく聞かせてくださり、本当にありがとうございました。
東京ギャラクシー日本語学校のビジネス日本語クラスで学んだ知識を存分に活用しながら、やりがいのある社会生活を始めてくださればと思います。
多くの人のお手本となったその姿も、変わらないことを願っています!

文化学園大学の服装学部合格体験記

東京ギャラクシー日本語学校の在校生 文化学園大学服装学部合格体験記
韓国で高等学校を終えてすぐの、2018年1月に東京ギャラクシー日本語学校に入学して勉強してきたホンㅇㅇさんが、文化学園大学の服装学部ファッションクリエイション学科に合格しました。一番行きたかった日本の大学に合格することができた秘訣や、これまでの日本での留学生活について、ホンㅇㅇさんにインタビューをしました。

文化学園大学服装学部合格のために、どのような準備をしてきたか教えてください
JLPT日本語能力試験の勉強と、学校の授業にまじめに取り組み、作文と面接も合間合間に準備をし、合格できるように努力してきました。また、普段からファッション関連の行事に参加したり、毎月発売される日本のファッション雑誌を購読するなど、ファッション関連の活動にも力を注ぎました。

文化学園大学に合格した秘訣はなんでしょうか
東京ギャラクシー日本語学校の授業において、出席率を重要視したことが最も大きいと思います。また、自分自身のファッション信念を確固たるものにすることができるよう努力した点も、合格に影響を与えたと思います。

東京ギャラクシー日本語学校で日本留学を始めようと決心したきっかけはなんですか
東京ギャラクシー日本語学校が、体系的なカリキュラムで授業を進め、学生たちの日本語の能力向上を重視する学校だと思ったので入学を決めました。

文化学園大学の服装学部合格体験記

記憶に残る東京ギャラクシーの授業はありますか
速習クラスと、選択科目の「面接対策」授業がとても役に立ちました。

東京ギャラクシー日本語学校の先生のうち、特に感謝を伝えたい先生はいますか
私の進学担当の先生である加藤先生が今後も一番記憶に残ると思います。加藤先生は、私が志望する大学について一緒に詳しく調べてくださり、毎日時間を作って面接の練習を手伝ってくださるなど、格別に気にかけて、入試の準備を手伝ってくださいました。心から感謝しています。

文化学園大学の入試を準備しながら大変だった点は何でしたか?また、それをどのように克服しましたか
面接の際に最も重要なコミュニケーション能力が足りないということが悩みでした。そのため、日本人の友人たちと付き合いながら、多様で深い会話を交わすことができる能力をつけようと努力し、日本語の会話の練習もたくさんしました。

日本での留学中に日本に来て良かったと感じた事はなんですか
日本での留学生活を通じて、もっと広い視野を持つことができるようになったと思います。様々な国の人たちとコミュニケーションをし、日本という国の文化に触れて貴重な経験をしていると感じています。

日本の大学のうち、文化学園大学を選択した理由は何ですか
文化学園大学は、ファッションを基礎から教える学校です。また、実技と理論、全てを学ぶことができる学校であるため、私だけのファッションを創造できるようになる教育カリキュラムがあると考え、目標の大学に決めました。

文化学園大学の服装学部合格体験記

日本の大学に進学するために留学を考えている学生たちに一言アドバイスをお願いします
日本語を可能な限りたくさん勉強してきたほうが良いと思います。そうすれば日本へ留学に来て、さらに幅広い日本語の勉強ができるからです。

文化学園大学に入学した後の目標は何ですか
個人ファッションデザイナーとして、私のファッションに対する信念を込めたファッションブランドを作りたいです。この学校でだけ学ぶことができることと、私の経験を応用して、私だけのファッションを盛り込んだブランドを作ることができるように努力していきたいです。

日本で最高のファッションスクールである文化学園大学の服装学部に合格したこと、心からおめでとうございます。速習クラスから始めて日本語をしっかりと勉強し、入試準備も同時に進めてきたので、この一年忙しかったと思いますが、本当に充実した時間を送ったことと思います。新しい夢に向かって引き続き挑戦、努力し、自分だけの素敵なファッション感覚と能力を育てていくことができるよう願っています。合格体験記ありがとうございました。

日本留学 東京製菓学校指定校特待生 合格体験記

2019年度入学、東京製菓学校に合格した在学生の日本留学体験記

東京ギャラクシー日本語学校で日本留学を始め、東京製菓学校進学を目標にまじめに勉強してきた鄭ㅇㅇ学生。嬉しいことに、先週の日曜日に東京製菓学校から合格通知が届きました。
日本での留学をする人の中で、多くの人たちが東京製菓学校入学を希望しています。競争率が高くなり、東京製菓学校は今年から入試の基準をより厳格に変更しました。東京製菓学校進学を目標として、東京ギャラクシー日本語学校で留学中の在学生たちは、出席率を100%に維持しながらも、常に緊張の手綱を緩めず、日本での留学生活の中で毎日最善を尽くしています。
在学生の中から、多くの試験にパスして指定校特待生に選ばれ、今年の東京製菓学校合格の知らせを初めて届けてくれた鄭ㅇㅇ学生に、これまで合格のために何をどのように準備したのか、日本での留学生活はどうだったのかインタビューをお願いしました。
日本留学の目標を実現するため、どのような努力をしながら時間を過ごしたのか知るためのよい機会となるでしょう。東京製菓学校をはじめ、優秀な日本の教育機関に進学するために準備をする方たちに、大切な内容だと思います。

東京製菓学校指定校特待生 合格体験記

1.日本留学中、東京製菓学校合格のためにどんな準備をしてきたか教えてください。
他の人たちよりも遅くスタートしたので、その分より一生懸命勉強しました。日本での留学中、出席率100%を維持し、JLPTの合格を目指して問題を多く解いたりもしました。また、やはり先生の評価も重要なので、クラス内でのテストでも良い点数を維持しながら先生に注目してもらうために努力しました。
一年には長いように見えて、短い時間です。留学のために初めて日本に来て、ひらがなから始めた時には、一年なら当然東京製菓学校に合格するだろうと思っていたのですが、思っていたよりも時間が早く流れ、面接までかなり焦りました。しかし、今まで頑張って準備したおかげで面接もうまく終え、良い結果を出すことができました。

2.東京製菓学校に合格した秘訣はなんですか?
ただ学校の進度に従って熱心に勉強し、家やカフェで単語の勉強をベースにして、JLPTの問題をたくさん解いたのがすべてだと思います。

東京製菓学校指定校特待生 合格体験記

3.東京ギャラクシー日本語学校で日本留学を始めたきっかけは何ですか。
「東京製菓学校推薦指定校」という点もありますが、何より東京製菓学校合格率が最も高く、速習クラスというカリキュラムがあるという点が、当時私には大きな魅力でした。

4.東京ギャラクシー日本語学校で役立った授業は何ですか?
速習クラスが一番ためになりました。7月から受講した選択科目の授業の中では、「ニュースで学ぶ日本語」が一番よかったです。

東京製菓学校指定校特待生 合格体験記

5.東京ギャラクシー日本語学校の先生のうち、卒業後も忘れられないだろうと思う先生はいますか?
日本での留学中、これまで私を教えてくださった全ての先生に感謝しますが、一番記憶に残る先生はやはり私の進学担当だった佐藤いずみ先生です。
私が特技生の選考に選ばれ、面接と志望理由書など長期休み中にも準備しなければならないものが多かったのですが、相談したいときや、分からないことがたくさんある時ごとに、忙しいのにもかかわらず、個人面談をしてくださり、面接の練習も手伝ってくださって、本当にありがたかったです。

6.日本で留学生活をする中で、留学を決心してよかったと感じたことはありますか?どんなときにそう感じたか教えてください。
日本留学をしながら、日本人の友達もできましたし、色々な国の人々と交流をして、世界が広くなった感じがしました。 これまでしたことのない経験をするたびに、日本に留学に来て本当に良かったと感じました。

東京製菓学校指定校特待生 合格体験記

7.多くの専門学校のうち、東京製菓学校を選択した理由は何ですか。
まず、東京製菓学校は他の製菓専門学校より実習時間が多いという点にひかれました。また、パンと洋菓子に学科が分かれており、自分が学びたいことに集中できるという点も東京製菓学校を志望した理由です。

8.日本の専門学校に進学するために日本への留学を準備する学生たちに対してアドバイスをお願いします。
ときどき、「留学を始める前から日本語の勉強をしていたらどうだっただろうか」と考えたりします。序盤の3ヵ月をひらがなとカタカナで無駄にしたのはもったいなかったし、当時、日本語がもっと上手かったら、より多様な経験をすることができたのではないかと思います。
日本に来て、一生懸命にやれば合格するには十分だと思いますが、それでもその前から日本語を勉強して日本に来ていたら、もっと良い経験を積むことができたのではないだろうかと思うので、日本語の勉強をあらかじめある程度してから日本での留学を開始することをおすすめします。

東京製菓学校指定校特待生 合格体験記

9.これから2年間、何を目標にして東京製菓学校で勉強しようと思っているのか、未来に対する抱負を教えてください。
学校に入って奨学金も受け、これからの未来のために計画をしっかり立てようと思います。

2018年度1月から6月までは速習クラスで、2018年7月からは上級クラスで勉強をした鄭ㅇㅇ学生は、普段受けるあらゆる種類のテストでいつも優秀な成績をおさめました。日本での留学期間中、努力を本当にたくさんしたおかげで、東京製菓学校に提出する書類を準備する2018年8月~9月頃には日本語の実力がJLPT N1級水準に到達しました。
他の国もそうですが、特に日本は誠実さをひときわ強調して重要視する国です。日本での留学において出席率がかなり大切にされるのもこのような文脈から容易に想像することができます。さらに、言語は誠実さがあってこそ完成できる領域です。こうした基盤の上に備えられた能力と実力を、日本の教育機関は高く評価しています。
このような部分を学校の先生たちと進学指導の先生たちはよく分かっているため、かなり強調しています。 重要な部分を重要に扱い、どんなことが大切な機会なのか把握する能力を学生たちに教えたいと、先生たち願っています。

東京製菓学校指定校特待生 合格体験記

日本での留学期間中に最善を尽くして日本語の勉強と進学の準備のために努力した鄭ㅇㅇ学生の合格通知は、当然の結果だと思います。
高い学習意欲と誠実な面を見ると、これからも無限大に延びていくであろう鄭ㅇㅇ学生が、東京製菓学校に進学し、どのような歩みをするのか楽しみですね。
東京製菓学校合格体験記を惜しげもなく聞かせてくれた鄭ㅇㅇ学生にもう一度感謝を伝えます。