おすすめ日本漫画『 聲の形』

聲の形 ~新しい言語を始める人に推薦する日本漫画

どうして日本語を勉強しようと思ったんですか?

新しい言語の勉強を始めるきっかけは人によって様々ですよね。
その国の文化に興味があるから、音の響きが好きだから、あるいは就職の役に立つから、という理由のひともいるかもしれません。
さらに、相手の話していることをもっと知りたい、その人に自分の思っていることをもっと伝えたいから、という理由もあるでしょう。
日本人の中にも、自分が好きなアイドルや俳優の言葉を、字幕なしで理解したいから外国語を勉強しはじめた、という人がたくさんいます。

今日紹介するのは「聲の形」という漫画です。
大今良時という漫画家の作品で、2015年に日本の「このマンガがすごい!」という賞で1位を受賞しました。
「聲の形」はアニメーション映画にもなったので、見たひとがいるかもしれませんね。

「聲の形」の主人公である石田将也は、小学生のときに同じクラスだった西宮硝子と話をするために新しい言語を勉強しました。
日本人同士なのになぜ?―――それは硝子の耳が聞こえなかったから。
硝子が使う手話を学び、高校生になった将也はもう一度硝子に会いに行きます。
それは、どうしても伝えたい言葉があったから・・・。

聲の形 ~新しい言語を始める人に推薦する日本漫画

この紹介だけを読むと、感動的な恋愛映画だと思うかもしれません。
絵もとてもきれいで、漫画の表紙を見ると、美しい物語が始まりそうです。

しかし、実際にはこのマンガは可愛らしい絵とは裏腹に、人間の感情の深い部分、私たちが人には見せたくないと思っている醜い部分まで描かれています。
この作品には完全無欠のヒーローは出てきません。
登場人物たちの中に完璧な人は一人もおらず、全員が良い面と悪い面を持っていて、彼らのとても複雑な人間関係が表現されています。
それほど丁寧に、人間の心のあり方を描いているからこそ、感情移入をして見ることができる作品です。
あまりにリアルで読んでいて心が苦しくなることもありますが、だからこそ最後の感動はとても大きいです。
(読んでいて何度も泣きました・・・。)

「聲の形」はぜひ、アニメーションと漫画の両方で楽しんでほしい作品です。
この作品のキーワードの一つは手話ですが、漫画では手の動きをうまく表現することができません。
その分、アニメーションは全日本ろうあ連盟 東京都聴覚障害者連盟 手話あいらんどという団体や多くの人が協力をして、手話を間違わないのはもちろん、そのシーンの伝えようとするニュアンスに合うように、登場人物の目線なども考えられているそうです。

また、耳が聞こえない硝子の役を演じた声優さん自身も、事前に手話について学んだり、聴覚障害のある方たちと交流をしたそうです。
(ですから、アニメを吹替版ではなく字幕版で見る方がよいかもしれませんね。)

映画を見て感動したひとは、ぜひ漫画も読んでみてください。
時間が制限されている映画では表現できなった将也や硝子、他のキャラクターたちのより細かい心の動きが丁寧に描かれています。
日本語を勉強中の人は、ぜひ日本語版を読んでみてくださいね。

東京ギャラクシー日本語学校は将也のように、相手のことをもっと知りたい!もっと伝えたい!という気持ちを持っている人を応援します♪

日本留学 慶應大学合格体験記

東京ギャラクシー日本語学校卒業生の慶應義塾大学総合政策学部合格体験記

先日東京ギャラクシー日本語学校を卒業し、慶應大学入学を目前に控えているイムㅇㅇ学生に、これまでの大学受験生活についてインタビューをお願いしました。
イムㅇㅇ学生は、韓国での高校過程を終えて、2017年1月に東京ギャラクシー日本語学校で日本での留学を始めました。
それから一年後の2018年1月、慶応大学総合政策学部に堂々と合格しました。
いつも意欲的に勉強をして、授業にも積極的に参加したので、東京ギャラクシー日本語学校の卒業式の日に奨学金を受けたりもしました。
イムㅇㅇ学生がこれまでどのように日本での留学生活を送ってきたのか、一緒に見てみましょう。

日本留学 慶應大学合格体験記

1.慶應大学合格、おめでとうございます。合格のために、これまでどのように勉強してきたのか教えてください
本格的な受験が始まる前に、EJU日本留学試験の点数を上げておきたいと思い、6月まではEJU対策を中心に勉強しました。
6月の試験がうまくいけば、その後の半年は他の様々な準備に専念できるだろうと思ったからです。
そして6月の試験が終わった後には、本格的に志望理由書の面接と願書、本考査などの受験準備をしました。

2.慶應大学に合格した秘訣を挙げるとしたら、どんなものがありますか
慶應大学だけでなく、どの大学を志願したとしても、その大学に関する検索をたくさんしたり、大学のホームページをたくさん見たことが役に立ったと思います。
そうすれば、その大学の特徴を詳しく知ることができ、面接や志望理由書を作成する際、自分がその学校にどれほど関心があって、どれほどよく知っているかを表わすことができるからです。
また、日本の大学側が受験生を対象に行うオープンキャンパスと、模擬授業に行くのもいいと思います。
特に、慶應大学の国際交流学生サークルの交流会の活動に東京ギャラクシー日本語学校の生徒たちが一緒に参加できるイベントがあります。受験前にすでに、慶應大学の学生と直接会って交流したという点が面接でプラス要因になったと思います。
他の日本語学校にはないチャンスなので、慶応大学に関心がある学生なら一度は参加してみるとよいと思います。
実は、私は面接の時にどう言えばいいかたくさん悩み、言おうとしたことを完璧に表現できず、ミスをしたりもしたんです。総合政策学部は、多様な考えを尊重してくれるところだと、感じたことをを正直に言ったら、面接官たちが幸いにもよく聞き入れてくださいました。

3.慶應大学合格に役立った授業は何でしたか
特別進学クラス開講後に入った選択授業です。
志望理由書を書くポイント、面接時の注意点など、大学受験に重要なものを詳しく学びました。

4.今までの受験生活をを通して、感謝の気持ちを伝えたい先生について聞かせてください
私の進学担当の先生であり、志望理由書や様々なことで私のためにご苦労が多かったにも関わらず、いつも応援してくださった樋口先生。そして特別進学クラスにいた際、受験生たちをたくさん助け、指導してくださった道木先生、熊崎先生、加藤先生にも感謝しています。

日本留学 慶應大学合格体験記

5.日本での大学進学を準備している留学生たちにとって、東京ギャラクシー日本語学校はどんなところだと思いますか
面接対策など、実際に役立つ授業もあり、経験豊富な先生たちが大勢います。熱心に準備する学生たちには良い環境になると思います。

6.日本での大学進学を計画中の韓国にいる学生たちに伝えたいことはありますか
4年制大学を準備する学生ならば、数学と英語は韓国にいる間にしっかり準備しておくと、日本の大学受験の時に大きく役立つと思います。私はそれが本当に不足していたので、今考えてみると残念だし、後悔があります。 事前に準備をよくしておけば、よりよい結果を得られると思います。
そして、日本での留学中、受験勉強に疲れる時が来ることもあると思います。つらかったり、不安だったりしても、これもいつか終わりがあるはずだと思って頑張っていれば、いつのまにか過ぎているはずです。
日本の大学に進学しようとするすべての方々に必ず良い結果が出るように祈っています。

7.これから4年間、何を目標にして慶応大学で勉強しようと思っているのか、未来に対する抱負を教えてください
私が入学する学部は総合政策学部です。
特定の専攻に縛られず、自分の探求したいことを勉強して4年間研究し、結果を出します。
自由な環境の中で、主体的に考えて探求する能力を養いたいです。
また、大学に入ってから研究するテーマについて、まだ完璧には分かっていませんが、自分が将来何ができて、何をすべきかを見出すことが大きな目標です。
その他にも、さまざまな経験をしながら学問的にも精神的にもたくさん成長したいです。

日本留学 慶應大学合格体験記

インタビュー、ありがとうございました。イムㅇㅇ学生は、かなり前から真剣に日本留学を検討しながら日本語を勉強してきました。東京ギャラクシー日本語学校で本格的に日本での大学受験の準備をする時には、水を得た魚のように、思う存分知識を吸収しながら実力をどんどん伸ばしました。
最後まで最善を尽くしてくれてありがとうございます。
慶応大学に入学しても、さらに広い世界を満喫しながら、輝かしい思い出をたくさん作っていくことを願っています。
いつも応援しています。:)

東京・高尾山で作った忘れられない秋の思い出

10月26日土曜日、東京ギャラクシー日本語学校の学生と先生、そして慶応大学の学生たちが高尾山に行ってきました!
前日には東京にたくさん雨が降り、登山に行けるかどうか心配でしたが、幸いなことに土曜日はとてもよい天気となりました。
朝早くから新宿駅に集まり、45分ほど電車に乗って高尾山駅に向かいました。
東京も都市としては木がたくさん生えている方ですが、やっぱり山の中の空気は格別でした! 久しぶりに森の香りを満喫することができて本当に幸せでした。
早い時間から動いたおかげか、心もひときわ爽やかでした。それに、いろんな友達と一緒に山に登ることができて、ひたすら楽しい時間でした。

東京・高尾山
東京・高尾山

高尾山の頂上に向かう道の途中に、歴史が1200年を超える薬王院というお寺があるのですが、歴史の跡がどれほど大きな感動を与えるかということを改めて感じました。
この円をくぐると願い事が叶うというので、先を争ってくぐり、たくさん記念写真も撮りました。
私たちは大きな夢を持っているからこそ、叶えたいことがたくさんあります。 🙂
山の中ですが、日本の趣を感じられるものも多く、薬王院で思ってもみなかった楽しみを見つけることができました。
わあ~!やっと高尾山の頂上にたどり着きました。
天気がとても良かったので、遠く富士山まで鮮明に見ることができました。反対側には六本木をはじめ、東京都心の風景も見えました。
それほど険しい山でもなく、平野として有名な東京にあるにもかかわらず、とても素敵な景色を堪能できる高尾山の魅力を心の底から味わうことができました!
友達や先生たちと一緒に頑張ったことも、澄んだ空気をたっぷり吸ったことも、忘れられない秋の思い出になることでしょう。
東京での留学中に、ここにまた来ようと決めました。

東京・高尾山
東京・高尾山

特に今のような秋の季節にはどんなことがあってもまた高尾山に登ろうと決心しました!
交流会で仲良くなった東京ギャラクシー日本語学校、慶応大学の学生たちとも良い思い出を作り、いつもと違う経験を通して日本の生活をもっと楽しもうと心に決めるような一日でした。

東京・高尾山
東京・高尾山

日本語学研修を東京ギャラクシーで行うメリットとは?

日本語の語学研修を通じて日本語の実力を伸ばし、日本人と一緒に専門知識を習得して自分だけのキャリアを積み上げようとする20代の学生たちからの問い合わせが目に見えて増えています。自分の未来がかかっているわけですから、どこで語学研修を行うのか、どの日本語学校を選ぶのかによって、留学生活の満足度も異なり、慎重にならざるをえないことでしょう。

日本語の語学研修や日本への留学を考えている方のために、東京ギャラクシー日本語学校で勉強する際に得ることのできるメリットを3点紹介します。

日本語学研修を東京ギャラクシーで行うメリットとは

1.丁寧な進路指導
東京ギャラクシー日本語学校は、外国人留学生に日本語を教えることはもちろん、日本語学校卒業後の進路まで準備できるように指導しています。
日本の専門学校、大学、大学院進学に特化した授業も開講し、担任の先生のほかに、進学指導専門の先生も学生をサポートします。日本語学校の卒業と同時に日本で進学ができるように一緒に準備していきます。
日本での就職を希望する学生も、東京ギャラクシーで就職に必要な日本語からビジネスマナーに至るまで様々なことを学び、万全の準備をすることができます。

2.17世紀から日本の商業の中心地である周辺環境
東京ギャラクシー日本語学校がある東京・日本橋、茅場町地域は、日本の大手企業本社に加え、銀行や証券会社が多く、「日本のウォール街」と呼ばれています。
この地域は江戸時代が始まった17世紀初めから日本の商業・経済の中心地でしたが、その流れが今も続いているというわけです。各所で日本の重要文化財に指定された建物を見ることができますし、歴史の跡が残る通りも簡単に行くことができます。
日本の過去と現在を象徴する多くのものに接することができるので、卒業後に日本について調べたり、 勉強する際に、自然と東京ギャラクシーの周辺を思い浮かべることになるでしょう。
東京駅と人形町周辺も歩いて散歩することができるのですが、東京ギャラクシーで勉強する20代の在学生たちは、東京駅周辺の方を好む学生が多いようです。 🙂
日本社会にリアルに接することのできる環境で日本語を勉強すれば、日本での語学研修期間がより特別なものになるはずです。

日本語学研修を東京ギャラクシーで行うメリットとは

3.学校法人である日本語学校が提供する学習環境と特典
日本語学校にいろんな種類がありますが、大きく分けて学校を経営するための「学校法人」と、一般の企業と同じ「会社」が経営する学校があります。(財団法人などもあります。) 日本の法務省から告示認可を受け「日本語学校」を設立することができ、さらに厳しい審査を経て学校の所在する都道府県知事から認可を受けて「学校法人」の日本語学校になることができます。(※2018年3月現在、全国の日本語学校数687校、東京228校。そのうち東京都から認可を受けた学校は30校。)
その中の一つの条件には、テナントではなく、一つの建物全体を学校が所有し使用しなければならないというものがあります。東京ギャラクシー日本語学校は、8階建てですが、1階から8階までの空間すべてが、東京ギャラクシー日本語学校の学生のための空間であり、快適な学習環境を備えています。

また、学校法人の日本語学校に通う学生たちは、授業料納付の際に消費税が免除されます。留学ビザで滞在している学生の場合には、交通費(通学定期券)も日本人の大学生と同様に学生割引を受けることができ、経済面でもサポートを受けて留学生活を送ることができます。

日本語学研修を東京ギャラクシーで行うメリットとは

皆さんはどのような夢を持って日本での語学研修や留学を考えていますか?
東京ギャラクシー日本語学校と共に、真剣に、真面目に、具体的に、未来に対する計画を立ててみるのはいかがですか?

大学受験 願書準備で見落としがちな点、注意点

日本の大学進学に向けて、準備をしている皆さん。思ったより準備しなければならないことがたくさんあり、頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。ウェブ出願、志望理由書、書類の書き方、書類の送り方、小論文、面接などなど。特に(母国)に比べると手で書くことが多く、一つ一つ気を付けなければならないことが多いのも例外ではありません。
全体的に気を付けたほうがいいポイントをお知らせします。

一つ目、ウェブ出願のときの情報と提出書類の内容を同一にすること。
例えば、ウェブ出願で出身校を英語で登録し、提出書類では出身校を漢字で書くなどせず、同じ内容については同じ表記にすること。チェックする大学の方が混乱しないためにも、全部統一することをお勧めします。また、写真もすべて同じものを使用することをお勧めします。

大学受験

二つ目、字は丁寧に書くこと。当たり前のことですが、見てもらう人のことを考えて心に余裕をもって作成しましょう。時間が間に合わずぎりぎりになって書類を作成するとどうしても字が流れて見えたり、偏って見えたり、字が抜けていたりすることがあります。何百枚もの書類をチェックする大学の方は、丁寧に書いたかどうかわかります。きれいな字ではなくても大丈夫です。漢字は大きめ、ひらがなは漢字の8割くらいの大きさで書くとより見やすく書くことができます。そして時間に余裕がある人は、日本語のなぞり書きをしたり、書き順を確かめて書くなど基本的なところから確かめて、「丁寧に書くこと」に慣れることをお勧めします。

三つ目、書類に線を引きながら丁寧に読むこと。大学によって書類の書き方や書類の送り方が違います。
例えば、ある学校では指定された用紙を「印刷して封筒に貼って提出するように」と書いていますが、ある学校では封筒に貼らずに「同封するように」と書いてある学校もあります。
名前を書くときに、漢字で書くようにと書いてあっても、日本で使う字が出ない場合はカタカナで書くようにとかっこ書きで書いてあったりと、一つの学校がAのパターンだと言ってすべての学校に当てはまるわけではありません。最後の最後まで読まないと間違える可能性があるので気をつけてください。一度受験する大学の募集要項を全部印刷し、色ペンで最初から最後まで、漏れなく重要事項をチェックすることをお勧めします。

大学受験

最後に、原稿用紙に記入するときです。段落の書き始めは1マス開けること、句読点はマスの左下に入れること(横書きの場合)、「?」は使わないこと、ですます体とだである体をまぜないことなど原稿用紙の使い方を確認しましょう。原稿用紙ではなく、下線のみである場合は、ぎゅうぎゅうにつめて書くのではなくバランスよく書けるよう、鉛筆で薄く下書きをしてから清書しましょう。両サイド、最終行など下線からはみ出さずに、線の中に収まるように調節してください。まれに下線もない場合がありますが、その場合は、等間隔に定規で薄く下線を引いてから、書くことをお勧めします。

これらは日本人が進学するときや、日本の就職試験でも同じことが言えます。少し面倒くさいと思うところもあると思いますが、 落とさなくていいところで減点にならないよう一つ一つ確実にチェックをして、準備を進めていってください。