• 資料請求
  • お問い合わせ
  • フェイスブック

  • 名前: 李 正娜
  • 国籍: 韓国
私は東京ギャラクシー日本語学校に2年間在籍しました。最初の1年間は日本語力を上げるため、また後半の1年間は大学受験のための勉強に集中しました。 
私が東京ギャラクシーを選んでよかったと思うのは、まずレベル別に細分化されたクラスです。日本語力は、入学時のテストをはじめ定期的な試験や普段の授業成果などを総合的に判断されます。3か月ごとに新しくクラスが編成されるので、自分の日本語力の向上に応じて、よりレベルに合ったクラスで勉強することができます。次に選択科目というシステムです。1・2時限目はレベル別で指定されたテキストによる授業を行い、3・4時限目は選択科目という様々な日本語クラスがあり、自分自身で選択して興味深い授業に参加することができます。
そして、学校周辺の環境です。東京ギャラクシーはJR山手線の田町駅、都営浅草線・三田線の三田駅、都営大江戸線の赤羽橋駅を利用して通学ができ、アクセスがとてもいいのです。また、典型的な日本のオフィス街ですので、日本にいることが実感できると思います。街もきれいで静かですし、近くに図書館もありますので勉強するには快適な環境だと言えます。
あとは先生たちの優しさです。クラスは担任制で定期的に担任との一対一の相談の時間があります。授業への希望や日本の生活での悩みなどを相談することで、先生との距離も近くなりますし、優しい先生たちの気持ちも伝わってきます。事務所のスタッフも学校のことだけではなく、外国人として知らない情報などを質問すると、いつでも喜んで優しく対応してくれるところや、学生の出欠管理が徹底して行われ、気が緩みやすい学生には特にお勧めしたいと思います。
私にとって特に良かったのは、特別進学クラスが設けられていることです。進学を志望する学生の中から選抜された学生で構成され、お互いに競争しながら進学対策の授業を集中的に勉強することができます。すでに進学した東京ギャラクシーの先輩から、受験情報をはじめとしたいろいろな話を聞く機会があり、大学の進学を希望する学生にはぜひお勧めです。日本留学試験(EJU)対策として、数学、総合科目、また物理などの理科系科目などの授業の選択も可能です。
いろいろ話しましたが、一言で言うと、6か月を念頭においていた日本語学校での留学が2年にまで延びたのは、東京ギャラクシーを選択したからではないかと思います。

卒業後の進路について

現在、国立大学の経済学部で勉強をしています。大学を卒業したら日本企業でしっかりと経験を積んで、将来的には母国で活躍したいと思っています。